相続の事にも詳しい弁護士の強みとは

依頼先に迷ったら

弁護士と一口に言っても大手と個人で解決する能力や知識の深さは全く違います。しかし、どちらもいいところが沢山あるので、それぞれの特徴を比較して見ていき依頼先を決める材料にしましょう。

大手事務所と個人事務所の違い

大規模な宣伝がされている大手弁護士事務所

テレビや雑誌で毎回見かけるような弁護士事務所は、場所がわかりやすく相談しやすいのが最大のメリットです。また、これまで解決してきたトラブルの実績も明確化されており所属する弁護士は大体優秀な人物ばかりです。あとは全国対応していることでしょうか。場所関係なく、依頼には真摯に対応するので依頼する側の不安をかき消してくれます。

きめ細かさが売りの個人事務所

全国というより、特定の地域に密着しているのが個人事務所の特徴です。大手に比べて人が少ない分、対応できる案件に限りがありますが、何より細かい対応をしてくれるため丁寧な仕事が高く評価されています。また、依頼者との相談や打ち合わせも時間をわざわざ作って合わせてくれるのでその辺も大変助かります。

離婚で悩んでいる人へ

男女と割れたハート

主な仕事

日本でも多い離婚。ちょうど、調停で争っている人もいるかもしれません。なかなか解決せず悶々とする依頼者も少なくなく、こういう時こそしっかり仕事をする弁護士に依頼した方がいいに決まっています。離婚専門の弁護士はいったいどのような仕事をしているのか、詳しく知りたい方はこのページをクリックしてください。

READ MORE

こんな弁護士は頼りがいがある

弁護士に求められることは人脈です。いざという時に警察を動かすことができる弁護士は頼れるでしょう。また、弁護士を選ぶ際は検察官や警察官を経験している人物が良いです。警察が絡む相談ごとも弁護士に多く寄せられますが、相談相手が元警察官だと事件性が強いものに関してすぐに捜査をするよう指示できます。とはいえ、元警察関係なく、仕事の実績が多いところは解決する力があると判断できるため、頼れる存在なのは間違いないです。

弁護士に寄せられる相談

no.1

離婚問題

弁護士に多く寄せられるのが相談はダントツで離婚問題が多いです。中でも子供の親権や養育費によるものが大半で、近年は熟年離婚を取り扱う例も増えています。さらに少子化が進んでいるため、離婚問題はさらに深いものとなり経済的な部分が争点となりそうです。

no.2

遺産に関する問題

家庭内で最も発生率が多い問題が相続です。これで家族がバラバラになることも少なくなく、最終的には泥沼化とします。近年は親と同居するケースが少なくなったので、相続する段階で揉めてしまいます。いずれにしても、弁護士が間に入らないと事態は深刻になるだけでしょう。

no.3

借金の悩み

借金を返済し終えた時、過払い金のチェックをしてみたら多く支払いをしていたなんてこともありますし、返済が一向に終わらず弁護士に依頼したら発覚したという話もよく聞きます。そうした人は一日に何組もやってくるので借金問題は根深いものがあります。

no.4

ローンの相談

返済ができず、家を売却せざるを得ない時にも弁護士は頼られています。相談をしたことで、ローンの金額を大幅に減らすことができますし、不動産業界と繋がりがある弁護士であれば、上手いこと売却してくれます。そうした理由で相談件数が徐々に増え始めています。

no.5

消費者関連の相談

身近な問題ならなんでもそつなくこなす弁護士は、訪問販売や電話による勧誘に関するトラブルに強く、多くの事案を解決へ導いています。また、よくあるクーリングオフの期間のことや、詐欺会社の特定が得意で、自分では解決できないという時に弁護士を使っています。

[PR]

B型肝炎の給付金手続きなら弁護士に頼もう
専門家が多く在籍している事務所をcheck!

岡山で弁護士事務所の利用を考えているなら要チェック!
悩みに合った解決方法を提供してくれる

人気!離婚専門の弁護士のブログ
遺産分割は弁護過失が多い?

過払い金の悩みは千葉の法律事務所に相談しよう
土曜日・日曜日でも相談を対応しているから利用しやすいのがメリット☆

相続トラブルなら世田谷の税理士事務所に相談!
無料で相談できるのが魅力的☆

弁護士を使う利点

男女

迅速な解決が望める

夫婦間の問題に詳しい離婚専門の弁護士に別れた後相続が発生した場合の対応の仕方を教えてもらうことができます。ちなみに世間一般的には、離婚をしても子供には相続権が発生するため、その辺についても岡山、千葉、世田谷で活躍中の弁護士が知識と経験で穏便に解決してくれます。

過払い金問題にも積極的

金融から借りたお金も、利息が膨れるだけで全く借金が減りません。また、利息もあり得ない数字を請求されているケースもあるので、この場合弁護士の力を借りて過払い金を取り戻すことができます。100万円以上がもどってきたという事例もあるので、泣き寝入りせず、凄腕弁護士に話を持ち掛けましょう。

[PR]

広告募集中